夢占いの注意点?/ウィキペディアより



 

■夢占いの注意点
夢占いでは、夢の中で登場した印象的なものをシンボルとして夢の中身を解釈する。解釈には、シンボルに対する一般的な知見や過去の経験則が用いられる。ただし、夢を見た人がそのシンボルに対して一般の感覚とは異なる特殊な印象を抱いていた場合は、一般的な解釈と異なる解釈が必要になる場合もある。例えば、「犬」は通常、友情の象徴であるが、夢を見た人が今までに凶暴な犬にしか出会ったことがないならば、むしろ「狼」の解釈の方が適しているかもしれない。

また、夢が、ストーリー仕立てになっていたり(自分が勇者で悪いドラゴンを倒すなど)、夢を見ている時の環境に由来していたり(トイレに行きたいときにトイレに行く夢を見るなど)する場合に登場するシンボルは、夢占いの対象ではないと考えられている。


■夢占いの立脚点
洋の東西を問わず吉凶の予兆として夢を用いることは多かった。多くは不安な夢を見た場合、不吉なことが起こるのではという感応呪術の域を出ないものであり、根拠はほとんどない。夢を占いから学術的研究の対象にまで持ち上げたのはフロイトであった。彼の著書である『夢判断』は、現在でも夢占いのシンボル解釈に多く取り上げられている。そのため精神病理学的判断を重視する立場からは、夢占いではなく夢判断などと呼ばれることがある。ただ夢判断に登場するシンボル解釈はフロイトの個人的な解釈が多く偏っていると批判されている。またフロイトの同志で、のちに袂を分かったユングは、フロイトとは異なったシンボル解釈によって独自の夢分析を行なった。フロイトやユング以降の生理学・心理学研究の進展により、2006年現在では、夢は記憶システムの機能の一部とする見方が一般的になりつつある。また、タカラトミーより望む夢を見ることのできるという玩具も発売されている。







 夢占い診断 夢占い注意点 夢とは?  
   2007.03