美輪明宏


美輪明宏
スピリチュアル愛の賛歌

美輪明宏は最近はオーラの泉などでスピリチュアルカウンセラーとして活躍されていますが、御歳72才とは思えぬその風貌と独特のイメージで、テレビ・ラジオ・舞台・・など多方面において活躍する日本アーティストの先駆者ともいえるシャンソン歌手です。

早くからシンガーソングライターとして地位をも確立し、「ヨイトマケの唄」などのヒット曲があります。又、その霊能力などを持ち合わせていることなどを考え合わすと、他に追随者がいない才能の持ち主であるといえます。

江原啓之氏などとスピリチュアルカウンセラーとしてオーラの泉などにもレギュラー出演し、江原啓之氏と共に霊脳力を発揮し、人気を博しています。

そのせいか霊能者としてのスピリチュアル的な露出が増ています。、相談に対しては辛口な言動も多いですが本質を見抜いたその霊能力は、多くの老若男女から指示されています。「正負の法則」や「霊なんてこわくないよ」などの著書も売れているようです。

そんな中での 愛の讃歌は実は彼(彼女?)の代表的な舞台劇といえるでしょう。愛と感動の舞台劇です。

 

*鏡リュウジ  *江原啓之  *ジョセフ・マーフィー  *夢占い診断   *HOME 

美輪明宏と江原啓之のスピリチュアルBOOK


美輪明宏版「愛の賛歌」
〜エディット・ピアフ物語〜


歌に生き、愛に生きたエディット・ピアフの人生を美輪明宏が描きだす
「愛の讃歌」「ラヴィアン・ローズ」で知られる世界的シャンソン歌手・エディット・ピアフ。彼女の歌と愛に生きた波乱万丈の生涯を美輪明宏が愛情をこめて表現する。好評を博した2000年の初演から5年、さらに充実した作品に仕上げて届けてくれるに違いない。美輪の感情あふれる歌をどうぞ、お聴き逃しなく! なお、4月の東京公演を皮切りに全国ツアーが行われる。

公演名称 美輪明宏版 『愛の讃歌』 〜エディット・ピアフ物語〜
作・演出・美術・衣裳 美輪明宏
出  演  美輪明宏、木村彰吾、 新橋耐子、山谷初男、松橋登、瀬下和久、 城月美穂、柄沢次郎、菊池隆則 他

愛の賛歌 歌詞(日本語版)
●公演に関してはチケットぴあでどうぞ

●ここからは主に本とレコードのご紹介です。愛の賛歌は下記全曲集に収録されています。●

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
美輪明宏
1935年、長崎市生まれ。国立音大付属高校中退。十七歳でプロ歌手としてデビュー。1957年「メケメケ」、1966年「ヨイトマケの唄」が大ヒットとなる。1967年、演劇実験室「天井棧敷」旗揚げ公演に参加、『青森県のせむし男』に主演。以後、演劇・リサイタル・テレビ・ラジオ・講演活動などで幅広く活動中。1997年『双頭の鷲』のエリザベート王妃役に対し、読売演劇大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた) 美輪明宏の最近オーラの泉などでのスピリチュアルストとしての活動も多い。

●美輪明宏プロフィール
  美輪明宏の本を全部見る

美輪明宏-紫の履歴書
 *送料無料1.500円以上 着払いも可
■□■□お勧め本■□■□
 
 

紫の履歴書
美輪 明宏 (著)
カスタマーのおすすめ度:

単行本: 463 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 水書坊
ISBN: 4943843646 ; (1992/11)

---- レビュー 内容----
今回で四回目の出版となる美輪明宏の自伝。昭和43年から44年にかけて出版され、次々と再版を重ねて当時のベストセラーの仲間入りをしているものを、今回新装して出版。

------------------------------------------------------------------------------
★購入者のレヴュー

おすすめ度:ビックリ仰天!
2006/02/13 レビュアー: シグルーン (新潟県)
まぁぁ!美輪様の小さな時は、割と普通の美少年だったのね…とお宝写真もあり♪
裏表紙の美輪様の肖像は、完璧に美しいのでチラリとでも御覧あそばしてね!
超越した美貌故の悲劇、そして稀な美しい恋を重ねる彼女?の波乱に満ちた人生、この世の奇跡を証明するかの様。
もしタイムマシンがあったら「有名な新宿に出る紫色のオバケ」を一目見たいです! でも一読者としては人間、程々が一番良いのだと思いう。 何だか悪いとおもいつつ、是非、続編の執筆をと願うのです(^^;)

おすすめ度: 衝撃をうけました
2005/12/09 レビュアー: ちょびりん "ひよこ"
家庭教師先のお嬢さん(中学生)が進めてくれてよみました。こういう方が生きている時代に生まれて、かつ彼の作品を楽しめる幸運に感謝せずにはいられません。

おすすめ度: 素晴らしい人生の教科書
2005/10/20 レビュアー: pansyn (浦安市)
今まで正直言って、美輪明宏のことは「髪の毛を黄色く染めた女装した芸能人」の認識しかありません。でもこの本を読み、美輪さんがあちこちで口にする、霊的な言葉や人生の教えが、このただならぬ経験による深いものだとわかります。この本は出生から33歳までの人生の記録ですが、それ以降のエッセイもぜひ読んでみたいと思います。500ページ近くあり、文字も小さめですが、飽きることなく読みごたえ十分で、文庫版になって、ぜひ多くの若い人にも読んでもらえればと思います。

おすすめ度:すさまじい
2005/08/30 レビュアー: fuji君
激動の人生。彼の生き様にはこの言葉がぴったり。なぜ、彼の言葉が、これほど説得力があり人の心に届くのか。その答えが本書に書かれている。やっぱり、美輪氏は、只者ではありません。



美輪明宏-霊ナァンテコワクナイヨー

*美輪明宏の本を全部見る *送料無料1.500円以上 着払いも可*


  <著者からのコメント>
今度出しました本は、タイトルが「霊ナァンテコワクナイヨー」といいます。霊なん て怖くないということで、幽霊や亡霊、悪霊だとか善霊だとか、いろいろあります。それについて、私の体験したことを全部綴っている本です。
人間界と霊界のしくみ、信仰と宗教との違いだとか、生命の誕生のしくみはどうなっ ているのかとか、転生輪廻、生まれ変わりですね、なぜそうなるのか、そのしくみだ とか。そして霊にはプラスの霊、マイナスの霊がありますが、そもそも、その〈霊〉 とは何なのか…また、佐藤愛子さんや瀬戸内寂聴さんが書いて下さっている、私の、まあそういう言 葉を使いたくありませんが、〈霊能力〉とでもいうのでしょうか、いろいろなものが 見えたり聞こえたりする。それが調べてみると全部、私の言う通りだったり、予言が 的中したりだとか。病気が治ったり、いろんなことが御座いましたけれど、それも全 部、体験談として載せております。
不思議なお話がいっぱい御座います。有名な人、無名な人……佐藤愛子さんや瀬戸内 さんとの事や長嶋茂雄さんの事、いろんな人たちの事で不思議なことが起きた ことなども書いてあります。
また、無名の人だけれど、たとえば官公吏の人で、祟られて、もう、家中が全滅状態 になって、滅茶苦茶になった家の奥さんがいらしたのです。はじめ、なかなか職業を おっしゃらなかった。ただ「官公庁に勤めております」と言われて。『いや、普通の 官公庁の人だったら、こんなひどい祟りはないはずだ』と思って、状況をいろいろと 私が言い当てていくと、「ええ、そうなってます」と。
実はその家の旦那さんはマルサで、税務署の腕利きの、情け容赦もなく重箱の隅まで つつくようにして取り立てる人だった。それが原因で倒産に追い込まれて一家心中し た工場の持ち主、零細企業の社長とその一家の祟りだったわけです。怖ろしいですよ。 だから税務署の人たちなんかは、ホントによく読んでいただきたいと思います。

人に情けというものはあるべきだし、皆さん生きてるうちに、おこないを正しく、人 に優しく、慈悲にあふれて、そしてどんなに貧しくても心正しく清らかに、ちゃんと した生活をして、人を困らせるようなことをしちゃぁいけないということが、この本 を読んで頂ければ、よくおわかりいただけます。

家族のことでも、先祖を大事にしましょうとか、なぜお墓参りにいかなくちゃいけな いのかとか、そういうものが全部詳しく書いてあります。そうすると霊なんて怖くな いのです。供養することや感謝することさえきちんとしていれば、逆に良くしてくれ ます。いろんなことを助けてくれます。それこそ病気も治してくれるし、商売とか事 業をものすごい繁盛させてくれますし。だから怖くないんですよ。ですから、是非こ れをお読みいただいて、生きていく上のひとつの道案内にしていただけたら、と思っ て書いています。

また、この表紙の絵は、大好きな方で、田中比佐良さんという、昭和初期から終戦直 後くらいまで活躍した人の作品をコラージュして使用させていただきました。今は皆 さんに忘れられてしまっているので、惜しくてしょうがないんですけれど、すばらし い絵を描く人です。ユーモラスで、デッサンは確かだし、ロマンティックで優しくて。 私は田中比佐良さんの絵をもう一度見直していただきたいと思って、それで、この表 紙に使わせていただいて、その他にも「人生ノート」には初山滋さんの絵を使わせて いただきましたし、「ああ正負の法則」には田中比佐良さんをはじめ様々な挿絵画家 さんの絵を使用させて頂きました。それも是非御覧頂きたいと思います。

TBSラジオ「美輪明宏 薔薇色の日曜日(http://www.tbs.co.jp/radio/format/barairo.html)」のコメントより抜粋。
歌手として美輪明宏の歌はスピリチュアリストとしての愛の賛歌でしょう。最近はスピリチュアリスト的な活動も多い。


■□■□お勧め本■□■□
 
 

霊ナァンテコワクナイヨー
美輪 明宏 (著)
カスタマーのおすすめ度:

単行本: 317 p ; サイズ(cm): 18
出版社: PARCO出版
ISBN: 4891946830 ; (2004/04/10)

---- レビュー 内容----
出版社/著者からの内容紹介
「霊が人間の生活にどういう影響を与えているか…」 霊界早わかり! ホントは怖い霊の世界。怖がらずに生きていく為に、 本当の幸せを知る為に、この本をお読みください。 ベストセラーとなった『人生ノート』『ああ正負の法則』に続く、書き下ろし第三弾。 霊界と人間界のしくみから、霊的なことを踏まえた開運法、 美輪氏の体験談、不思議な話・お化けの話まで。 人間の本当の幸せとは… 霊を怖がらずに生きるには… すべての答えがここにある。

------------------------------------------------------------------------------
★購入者のレヴュー

おすすめ度迫力ある、濃い本。
2006/03/10 レビュアー: アッサム (大阪府箕面市)
2年前に新聞・広告を見て購入。
不可思議な話では、島原の乱の悪霊と天草四郎(美輪さんの前世の人物)とのやり取りが、迫力もの。
私は霊なるものがあるかどうか未だ判然としない者だが、理屈や理性で計れぬ存在もある可能性はあると考えている。 しかし、先の島原の話は、話の流れが現実味があり鬼気せまる人間の業があり、また美輪さんにしても、理屈では説明しえないが、ウソ話をして注目を集めるという人間には見えないから、妙に説得力があり腑に落ちてしまう。 この本は2年前に読んだ、私の「年間ベストインパクト・BOOK」でしょう。
本当に著者の美輪死は、不思議な人である。

おすすめ度: 珠玉の一冊
2006/01/29 レビュアー: いい旅再発見!
美輪さんの本を読ませていただいたのは、この本がはじめてで、生きていく上で大切な珠玉の言葉や実践法がつまっています。私も含め、生き方に詰まった時、この本を紐解くことで、大きなヒントを与えていただけるような気がするおすすめの本です。

おすすめ度: 霊イコール人間
2006/01/23 レビュアー: akane-nit (福岡県)

先日「オーラの泉」の中で、オダギリジョーさんに憑いた悪霊がラップ音をバチバチ鳴らしているのを聞いて「えーっ やっぱりこうゆうことってあるの?」と思って少し怖くなり、美輪明宏氏のこの本を買って読むことにしました。 この本の最後で、美輪明宏氏は「霊イコール人間」であると書かれています。
人間と霊は、肉体があるかないかの違いだけで、目に見えないからといって霊の方だけを特別に怖れる事はないと。 また、先祖供養の大切さや、姓名判断・気学・易学などにも触れられているのだが、先ず一番大切なのは(美輪明宏氏がいつもおっしゃっている)美しい心を持つよう日々心がける・・・。 美輪明宏氏の優しさと厳しさ、そして暖かい心が感じられる一冊です。


美輪明宏-全曲集

*美輪明宏の本を全部見る *送料無料1.500円以上 着払いも可*


 
■美輪明宏-全曲集(CD)
曲目リスト:1.ヨイトマケの唄 2.兄弟 3.孤独
4.めぐり逢い 5.うす紫 6.いとしの銀巴里
7.砂山  8.叱られて  9.雪の降る町を
10.メケ・メケ (M'E QUE' M'E QUE')
11.人生の大根役者 (LE CABOTIN)
12.暗い日曜日 (SOMBRE DIMANCHE)
13.群衆
14.愛の讃歌 (HYMNE A L'AMOUR) (原語バージョンセリフ付)
15.花 (すべての人の心に花を)
16.老女優は去りゆく


前世のことを知る本はいかがでしょうか?自分はどこからきてどこへ行くのか?興味ある一冊です。

 



■□■□お勧めCD■□■□
 

全曲集
美輪 明宏 (著)
カスタマーのおすすめ度:

キングレコード - ASIN: B0002IJMGS

----このCDについて-----
美輪明宏最初のヒット曲「メケ・メケ (M'E QUE' M'E QUE')」や代表曲とも言える「ヨイトマケの唄」、「愛の賛歌」など全16曲を収録のベスト・アルバム。

------------------------------------------------------------------------------
★購入者のレヴュー

おすすめ度:美輪さんの声に驚き
2006/04/04 レビュアー: みちみち

 昨年、某番組のゲスト(芸能人)が「風邪をひいたり、体調が悪いときに美輪さんのCDを聞くと治るんです」と聞いたときから“美輪さんのCDを買おう!”と決心していました。
 音楽を聴いて、彼(彼女?)の声質に驚きです。近年、声優としても活躍されている美輪さん。音楽から聞こえる音は、まさにセリフのようにいろいろ表情をもっており、感激です!憎しみ、怒りなどの心の汚い部分、優しさ、しとやかさなどの温かみある部分などうまく表現されています。
 聞いてて自分の心を反省させられるような、和ませてくれたり…今は、「最近イライラしてるな」とか、日々の自分の生活を反省させたいときに聞いているこのごろ。
 まずまず満足といったところ。減点の理由は、2005年にも全曲集が販売されており、どっちがいいのかなって少し悩んでいるからです(^^;)

おすすめ度: 声の癒し
2006/02/17 レビュアー: かりゆし
美輪さんのコンサートやお芝居に行きたいと思いつつも実現できていないので、せめてCDだけでも聞きたい!と購入!。初めて聞いたときには、不思議な稲妻が体に流れこんだような、なんだか体が軽くなるような・・・。おすすめ曲は2曲目の「弟」です。歌詞の中に出てくる情景が目に浮かんできます。懐かしい日本の原風景です。又、兄弟・家族のあり方が見えてくる。こんなに良い時代の日本もあるのだと感じられる曲になっています。

おすすめ度: 感動
2006/01/28 レビュアー: ちかちゃん 「ヨイトマケの唄」を初めて聴いたが、感動!流石に沢山のアーティストがコピーする名曲だと思う。

美輪氏の著書を併せて堪能することをお勧め!

おすすめ度: 「ヨイトマケの唄」は日本の歴史的側面に沿った最高曲だと思う
2005/06/24 レビュアー: うたずき
NHK「そのとき名曲が生まれた」での「ヨイトマケの唄」。彼女のうた、というより全身を震わせる演技そのものをみた時、特に「カアチャーン!」と叫びを聞いた瞬間、ボロボロと泣きました。
この新譜のアレンジはその時のものと同じものなので買いました。しかし彼女の歌はそれだけでなく、どれもすばらしく音を奏でたものだと知ると、大学2回生の自分には、これは音楽コレクションに加えねば、と嬉しい発見です。ちなみに新潟出身の者として、「砂山」は特別です。夕日が佐渡島にきえてゆく風景。それこそ新潟人のこころなんです 。

********************************
■著書売り上げBEST3/2007/
********************************

(1位)世なおしトークあれこれ 美輪 明宏

(2位)
ああ正負の法則 美輪 明宏

(3位)
愛の話 幸福の話

*美輪明宏の本を全部見る

美輪明宏-スピリチュアル愛の賛歌  プロフィール  TOPへ  HOME



◆デジタル工房HPJ◆
大阪府阪南市舞5-9-8

mail /infol@d-hpj.com
copyright©2006 degitalkoubouhpj all rights reserved

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録